アラムポートは、自然電力グループがENEOSにベトナム太陽光IPPプロジェクト一部株式売却を行う案件のアドバイザーを務めました(2021年12月)

2021.12.28

「青い地球を未来につなぐ。」を掲げ日本、東南アジアを中心に世界に再生可能エネルギー事業を展開する自然電力グループは、2020年にベトナム・ハウザン省に立地する35MWp太陽光発電プロジェクトに投資されています。アラムポートは、自然電力グループが当時現地ディベロッパーからプロジェクト会社株式を買収する際にアドバイザーとして支援しました。2020年12月の商業運転開始を経て、2021年には追加株式買収においても同様に支援させていただきました。

 

2021年12月、自然電力グループは一部株式をENEOS株式会社の現地法人ENEOS Vietnam Company Limitedに譲渡されました。アラムポートは、本案件をアドバイザーとして支援し、この度案件クローズに至ることができました。

 

アラムポートは、再生可能エネルギーに特化してアドバイザリー事業、事業開発・投資事業を展開しており、引き続きお客様、パートナーと一緒に再生可能エネルギーの普及、案件価値向上に努めてまいります。

 

自然電力プレスリリース:https://www.shizenenergy.net/2021/12/13/vietnam-solar/